排卵日と避妊

排卵日を把握していれば、避妊することは可能です。

望まない妊娠をさけ、コミュニケーションの一つとして、セックスを楽しむのは、動物の中では人間だけが出来ることだそうです。

排卵日に避妊しておけば、妊娠の心配はありませんので、ここではいくつかの避妊の方法をご紹介しましょう。

排卵日の避妊を行うには、まず基礎体温や排卵日カレンダー、チェッカーなどを使って、排卵日前後の危険日を調べます。

100%排卵日を特定するのは、どの方法でも無理ですので、なるべくコンドームなどの避妊具を使いましょう。

コンドームは、装着も簡単で約90%の確立で、避妊できるそうです。

他には、卵管を切って卵子が子宮内に出なくする方法や、子宮内にリングを入れて、受精を防ぐ方法などありますが、女性の体に負担をかけるので、あまりお勧めはできません。

排卵日を調節して避妊する方法で、一番確率が高いのが、低用量ピルを使う方法です。

これをうまく使うと、排卵日を調節して生理の来るのを遅らせることができるのです。

避妊の確立は99.9%という高い精度を誇りますが、産婦人科医の指導のもとに服用することです。

体の状態によって、飲んではいけない場合もありますので、必ず守るようにしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ