排卵日の遅れ

排卵日は、生理周期によって、だいたい決まっているのですが、体調が悪かったり、ストレスを感じたりした時に、遅れる場合があります。

基礎体温をきちんとつけていても、排卵日が遅れたこを、つかめない時はよくあります。

100%で排卵日を特定できない理由は、そこにもあるのです。

女性の体はデリケートですので、かぜをひいた時でも、排卵日が遅れることがあるのです。

また、仕事や人間関係などで、ストレスを感じた時でも、排卵日が遅れることはよくあることなのです。

排卵日が遅れると、妊娠のタイミングをのがすこともありますが、それでプレッシャーを感じることも、ストレスとなってしまいますので、あせらないことです。

排卵日は、たとえ遅れても、生理周期の間で、必ず一回はおこりますので、排卵日が遅れることも考えて、排卵日前後の性交に、もう少し余裕を持たせるなどの計画をたてておくことも、必要かと思います。

排卵日が多少遅れている分は構わないと思いますが、あまりにバラつきがある時は、産婦人科医に相談してみるといいと思います。

専門家でないと、原因がわからない時もありますので、素人判断をして悩まないようにすることです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ