排卵日検査薬

排卵日検査薬は、国内・海外版といろいろな種類があります。

排卵日検査薬は、薬局や海外のものは、通信販売も行っています。

排卵日検査薬は一回分が100円程度からの値段になっているようです。

尿の中には常時「ヒト黄体ホルモン」が排出されていますが、排卵日が近付くと、この「ヒト黄体ホルモン」の分泌が最大値を示します。

この時点から24時間から48時間後に、排卵がおこると言われています。

排卵日検査薬の検査方法は、尿に検査薬を浸し、「ヒト黄体ホルモン」の含有量を調べ、ラインの表示で排卵の時期かを調べます。

排卵日検査薬を使うには、自分の生理の周期を事前に知っておく必要があります。

例えば生理周期が21日の方は、生理開始日から6日後、生理周期が28日の方は、生理開始日から11日後というように、検査日が違いますので注意が必要です。

排卵日検査薬に検査日早見表がついていますので、自分の生理周期をあてはめて見るようにしましょう。

排卵日検査薬も、排卵日の可能性が高いということを示すだけで、100%ではありませんので、あせらずトライすることが大切です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ