クロミッドについて

クロミッドとは排卵誘発剤で、何らかの原因で、排卵日が来ないときなどに使うものです。

通常、基礎体温を測ると低温期から高温期になる境目が、排卵日の可能性が高いと言われているのですが、女性の体は様々なホルモンが作用して、排卵を起こしていますので、病気やホルモン異常などによって、排卵日がこない方がいます。

クロミッドは、排卵をおこさせるホルモンの分泌を促し、排卵を誘発する作用がありますが、必ず産婦人科医の指導のもとに服用しなければなりません。

クロミッドを使うためには、基礎体温をきちんとつけて、排卵日がこない原因が何であるかを調べます。

低温期や高温期の間隔が一定していなかったり、無排卵月経であったり、子宮か卵巣のどちらかに問題があったりと、不妊の原因は本当に様々なのです。

ただ単に排卵日が来ないから、クロミッドを使っていいというわけではなく、使ってはいけない場合もあるのです。

ですから、基礎体温をきちんとつけ、排卵日の有無を調べ、医師と相談しながらクロミッドを服用します。

クロミッドのような排卵誘発剤を使うと、排卵日に複数の卵子が卵巣から排卵されるおそれもあります。

すると多胎妊娠をしてしまう可能性もあるのです。

クロミッドを使った不妊治療は、確かに効果がありますが、難しい問題も抱えているのが現状なのです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ