排卵日と下痢

排卵日に下痢の症状がある方もいます。

排卵日には、様々なホルモンが作用するため、体調も不安定になりやすく、下痢や便秘、頭痛や吐き気を感じる方もいます。

排卵日に体におこる症状は、このように様々ですが、あまり我慢できないような症状の時は、産婦人科医に相談しましょう。

排卵日におこる下痢などの症状を覚えておいて、妊娠のタイミングをはかることもできます。

基礎体温をつけながら、下痢の症状がでたときと排卵日のグラフが一致すれば、排卵日が原因で下痢がおこっていると考えることもできると思います。

排卵日に限らず下痢がおこる時は、病気の疑いがありますので、基礎体温をつけながら、自分の体調を把握することも大切です。

健康な体であって初めて妊娠は可能ですので、普段からストレスをためず、体調管理につとめることが大切です。

女性の体は生理周期の間、体の中では様々な変化がおこっています。

下痢などつらい症状がある場合もありますが、うまくつきあいながら妊娠できる機会を待ちましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ