排卵日と体重の変化

排卵日に体重が増えるという方がいます。

女性の体は生理周期の間、常に妊娠に備える体制を整えています。

体重が増えるのは、排卵日の後黄体ホルモンの働きによって高温期に入り、食欲が増すのと、赤ちゃんを育てるための栄養を蓄える準備でもあるそうです。

そのほかに、排卵日以降の高温期に、水分を排出して体重が減り、生理の前ぐらいからまた水分が増えてを繰り返し、食べなくても体重の増減があるそうです。

排卵日に体重が増えるのは、ある程度仕方がないようなので、あまり気にしないほうがいいでしょう。

もうひとつあげられるのが、女性の体のつくりにあります。

男性に比べて皮下脂肪が、お腹のまわりなどにつきやすいのは、子宮を保護するためと言われています。

排卵日は女性の体内では、妊娠に向けて万全の体制をとっている日なので、体重が増加しても気分をリラックスさせて、受精にのぞむといいですね。

排卵日は体重増加のほかにも、普通と違うなという症状を感じるときがありますが、基礎体温をつけていると、排卵日と体重増加などの症状が出た時期が一致していれば、その時をねらって性交してもいいと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ