排卵日と高温期

排卵日は低温期から高温期に入る境目でくると言われています。

基礎体温をつけていると、グラフの波形から、低温期と高温期を繰り返していることがわかります。

この低温期の最もグラフの位置が下がったときが排卵日と言うわけですが、それでも排卵日の100%の特定は、難しいところです。

排卵日を境に高温期に入るのですが、人によっては高温期が安定せず、長かったり短かったり、波形が大きくなったりすることがあります。

このような場合は、排卵日を見つけることも難しくなってきます。

原因は、ストレスや体調不良、ホルモンバランスが崩れたりと、様々な原因があげられます。

普段はきちんと排卵日が来ている人でも、このような原因により突然低温期や高温期の乱れがあることもありますので、体調を知るためにも、基礎体温は欠かさずつけた方がいいと思います。

排卵日を境に高温期に入るのは、子宮内に受精卵を迎え入れ、胎児にとって快適な体温を保ちながら育てるための準備を体がしているためなのです。

年齢が上がっても、排卵日が来ている限り妊娠のチャンスはありますので、低温期と高温期の境目を見逃さないようにし、排卵日を把握するようにしください。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ