排卵日の兆候

排卵日の兆候は、人によって様々です。

眠気がくる人や、軽い腹痛や頭痛がおこることもあります。

私の場合は、かぜをひいたわけでもないのに、のどが痛くなります。

このように排卵日の兆候は人それぞれで、他にもたくさんの兆候の種類があります。

排卵日の兆候を感じたら、妊娠を望む方は、そのタイミングで性交を行うと妊娠の可能性が高くなるわけですが、妊娠を望まない方は危険日として、さけることもできます。

基礎体温をつけて、排卵日の予測と体の兆候が合致するかで、より正確な排卵日を知ることができると思います。

排卵日の兆候が、はっきりあらわれる人もいれば、まったく自覚がない人まで様々です。

また、排卵日の兆候の一つに、出血を見る場合があります。

このような時は、ほかの病気の疑いもありますので、念のために産婦人科を受診されたほうがいいと思います。

普通の病院のように、なかなか気軽に行けないと言われる方も多いですが、万が一病気の場合は、すぐに治療を始めないといけませんので、放っておかないほうがいいでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ