排卵日の出血

排卵日に少量の出血があることがありますが、これは自己判断しない方がいいと思います。

排卵日の出血だろうなと思っていても、病気などの可能性もありますので、素人判断しないで産婦人科医に相談した方がよいと思います。

ここでは、排卵日の出血についてお話します。

排卵日の出血は、個人差があり全く確認できない場合もあれば、少量の出血を見る場合もあります。

基礎体温をきちんとつけていると、排卵日の出血なのか、そうでないかは、おおよその判断がつくと言われています。

体温が低温期と高温期の境目で、排卵日である可能性が最も高い時の出血であれば、排卵日出血の可能性がありますが、いずれにしても少量でも出血があった場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。

排卵日による出血のほかに、妊娠初期に少量の出血がある場合もあります。

私がそうでしたが、びっくりして産婦人科に行ったら、着床出血ということでした。

このように、生理以外の出血がある場合は、排卵を含めてさまざまな原因がありますので、安易に放っておかないようにしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ